株式会社 Aphros Queen 代表取締役 玄甫 和美
「なりたい自分になる」をコンセプトに
東京・大阪にエステサロンを3店舗展開
各店舗にカリスマエスティシャンが在籍し
連日、一流モデルやトップ女優などの著名人が詰めかける
“海外進出で日本のエステティシャンの地位向上”Aphros Queen 玄甫 和美がエステを通して日本の女性を輝かせる

サロンで大切にしていることは?

来てくださるお客様には
無限の可能性がいっぱい秘められてると思うので
コンプレックスとか自分に対する自信のなさで
そこ(可能性)が生かされてない場合が多いなーって非常に思うんです
そこを私たちはその人の良さを最大限に引き出して発揮してもらう
そこからその人の表情が変わったり
前向きになったり
このエステティックを通してその人の職業や人生やパートナーシップ
全てがハッピーになってもらいたい

日本のエステサロン業界について

私自身この職業の価値をすごく感じてるんですけども
やっぱり日本ではまだまだ地位が高い職業ではないんですね
お客様の健康を提案するこの仕事にすごく誇りを持ってますので
この職業の価値を高めたい
高める方法としては
クオリティサロンを国内に展開することも一つなんですけども
世界に通じるサービスだと思ってるので
自社のサービスを世界展開やっていくってことをビジョンとして掲げてます

日本のエステサロンが海外で戦うには

今自社でもやっぱり一番大切にしていることが人材育成なんですね
人材育成をすることによって働くスタッフが本当に輝いていくんですね
人そのものが商品であると思うんですね
日本の強みのおもてなしであったりとか
技術に対する探究心であったりとか職人レベルのこだわり
これはもうすごく海外からも評価されてるところでもあるんですね
なのでここも大切にしながら時間をかけて
世界に通ずる人材育成
メニューとか技術は本当にその時のトレンドとか流行りで
もちろんずっと更新していきます
でも人(の育成)っていうものは本当に真似も出来ないですし
すごく根気もいるので
弊社にはそういう輝く人材が多く育ってきたからこそ
海外に踏み込めるなって感じてます

これから達成していくビジョン

日本の女性を
自立して輝く女性をたくさん増やしたいっていうところで
私たちはこの私たちの職業で突き抜けていくこと
これが色んな職種で活躍してる女性の
見通しになるのではというふうに思っております

information
名 前 | 玄甫 和美
会社名 | 株式会社 Aphros Queen
所在地 | 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目19番8号 アロープラザ原宿
TEL | 03-6438-9433
事 業 | エステ/マッサージ
WEB | http://www.aphros-queen.co.jp/

先駆者の未来図

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です