世田谷区議会議員 中村 公太朗
「議会を変えたい」という強い思いを持ち
27歳の時、区議会議員に初当選を果たした
20代から3期以上の連続当選は
世田谷の歴史上、3人しかいない
“政治を次のスタイルへ”世田谷区議会議員 中村 公太朗が議会の文化にイノベーションを起こす

議会に入って“変えたい”と思ったことは?

今の政治がこれだけ信頼をされていない理由っていうのは
やっぱり政治家自身がぬるま湯につかっているというか
自分たちを変えようとしていない
すごく目線が低いと思っていて
やっぱりこれまでの役所・行政と言われているものは
極めて前例踏襲
前にやったことにミスがなければそれが正解
新しいことに挑戦して成功するよりも
マイナスがないということを続けていくことが
それが仕事だというのがこれまでの役所のマインドだったんだけれども
それではこれから多様化するニーズにはとても追いついてこないと思う
今 AIも進んできました
人工知能も進んできました
それこそ宇宙だってこれからあるかもしれない
東京オリンピックありますけど世界とつながっていかなきゃいけない
世界日本の中で世田谷がどの位置にあって
どういう問題点があるかが見えてない
視野も含めて、チャンネルも含めて
世田谷以外に目を向けるという目線を持たないと
これからの政治家としてはよくないだろうなと思っています

現状の問題を踏まえて行っている活動は?

進んでいる民間企業の知恵
民間企業の仕組みをいい意味で活用して
いい意味で取り込んでいくことが
これからの世代の区役所の仕事には求められると思っている
そのために自分で何ができるかと言うと
世田谷のために世田谷じゃない部分を見るということを
やっている唯一の政治家だと思っているので
社長さんとか経営者とかもしくは会社員の人もだけど
世田谷にあまり縁がないけれども仲間になってくれる人たちから
吸収させてもらったものも含めてハブになって
俯瞰をして世田谷以外から世田谷を見つめ直すことで
より良い提案を世田谷区議会にも世田谷区役所にもできるなと
自分がその中心になって働きかけられればいいなと思っています

選挙活動でも新しいスタイルを取り入れていますね?

街宣車を使わない選挙カーを使わないということなんですけど
12年前の最初の選挙からずっとやっていて
4回選挙カーを使わずに選挙を戦ってきたんですけど
選曲カーというのは別に候補者のポケットマネーで動いているわけではなくて
区民の税金が使われてあの選挙カーは動いています
自分の思いとして選挙カーは無駄な税金だと思っているので
無駄な税金をカットするんだ と言って議員を目指す以上は
自分が不利になろうがなんだろうが1円だってやっちゃいけないと思っていて
一切使ったことがないということです

今後の活動の展望

政治の文化はこれまでずっと続いてきたものだから
一朝一夕に変わるとは思ってないけれども
自分を正してその道を続けていくことで
必ず後をついてきてくれる人たちが増えてくれると
やれることもだいぶ増えてくると思うし
この4機目で大きくドラスティックに
世田谷区・世田谷区議会を変えられたらいいなと思っています

information
名 前 | 中村 公太朗
会社名 | 中村コータロー事務所
所在地 | 〒158-0081 東京都世田谷区深沢5丁目10−6
TEL | 090-8050-2750
事 業 | 区議会議員
WEB | http://ko-taro-nakamura.net/

先駆者の未来図

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です